どくだみ夫人のあっちへおゆき

家庭のこと、健康のことや音楽のことをいろいろ書いていきます

パグのべえちゃんは円座クッションがお気に入り♪

犬ってぬいぐるみとかクッションが大好きですよね。

べえちゃんを飼い始めた頃はいろんなおもちゃのぬいぐるみを買ってあげたものです。

その時の気分でぬいぐるみの種類を使い分け?いつも面白い表情を見せてくれます。

遊んでほしいときはぬいぐるみをくわえてきて、それをすりすりなすりつけてきます(笑)

とあるひ、いつもと違うものを持ってきたのです。

 

f:id:n-chama:20170623060156j:plain
なんじゃこりゃ~

円座クッションの穴に頭を突っ込んで遊んでいるではないか~

一見なんだかよくわかりませんでしたが、

面白かったのでついつい写真をとってしまいました。

よーくみると、やっぱりしわがすごい。

ハァハァいいながら何かをアピールしてくるこの生き物はいったい何ものなのか…

 

この日からこの円座クッションはよだれでベトベトなりべえちゃんのお気に入りに。

もう自分たちが使うことはありませんでした(・∀・)

子供に習い事は必要なのか?悩んだ結果始めてみて思ったこと

ある日のこと、とつぜん嫁が子供に習い事をやらせたいと話をしてきた。

それを聞いて、

え、なんで、まだこんなちっちゃいのにやらせる必要あるの?
と思って初めは「そんな必要ない」と返答してしまいました。

当時長男は幼稚園の年中だったので、習い事なんかよりもまだまだ遊ぶことが大事だと思ったから。

あと自らの経験から習い事は将来なんの役にも立っていないと思ったから。

 

ここで自分の習い事歴を紹介…

習字を3年くらい→ 今は誰が見ても字が下手です。個性的な字だねってよくバカにされます(・∀・)

水泳を3年くらい→ 嫌で嫌で仕方なかった。よく仮病をつかって休んでいた。結局覚えたのはクロールくらい

剣道を2年くらい→ 水泳と同じくらい嫌だった。活動した記憶がほとんどない

少年野球を4年 → 球技が得意になったことは良かった。でも必要以上に上下関係を植え付けられ、その後人と接することが苦手になってしまった。

塾  → 行ったふりをしてさぼることが多かった。勉強なんて学校だけで十分だった

 

親に対して習い事においてほとんど自分の意見を聞いてもらえなかった。親のエゴによる習い事は見に付かないと実感した。

 

なので自分の子供には自分の好きなことをやってもらいたいと思っている。

 

こんな話を嫁にしても、それでも何かやらせてみたいというもんだから
ちょっと考え直してみることにした。

長男は音楽に興味があるみたいだからピアノをやらせてみたいと。

とりあえず体験ができるみたいだったので、早速体験に行ってみたら、
とても優しい先生でかなり楽しかったようなので。

結局ピアノレッスンを開始することにしました。

始めてみたらどんどん上達していって発表会でも堂々弾けるようにまでになりました。

ピアノが弾けるようになったら本人もそれが自信になっているようで、考え方や行動も以前よりアクティブになったような気がしました。

またピアノって「脳の発達にいい」らしいけど、その効果はまだまだ分かりません。
これからに期待したいと思います(^-^)

 

その後長男が小学校に入り、次男と共に活発に体を動かすようになってきました。
ありあまった2人のエネルギーを発散させるために
何か運動をさせたいと嫁が言ってきました。

えっ、また習い事? 2つ目じゃん? そんなに金無いよ~ 

と思っちゃいました。

でも周りも運動やっている子は多いし、体力作りは悪くないかも。

そこで、まず夏休みの水泳の体験に行ってみたのですが反応がいまいちで、
水泳は絶対やりたくないと言ってきました(-_-)プールでは遊ぶだけがいいと。

そこで次に、嫁が空手教室の情報を仕入れてきたのです。

予想外のジャンルにちょっビックリ。

体験ができるというので早速行ってみると、これが意外な事に、走り回ったりミットで蹴りの練習したり楽しそうにやっていました。

体験が終わったあと、「また行きたい」と言ってくるものだから入会することにしました。(月謝も安かったので)

始めてみると今までひ弱だった長男が日に日にたくましくなっていくのが実感できて、今では空手を選んで良かったなぁと思っております。

空手は礼儀作法から柔軟性、筋肉のトレーニングにもなりますし、学校以外の人との交流もあったりして生活の中で刺激になっている様です。

習い事って親が一方的に決めるのではなく、いろいろな習い事を実体験させて子供自身にやってみたいものを探させることが大切なのだなと実感しました。

お金がかかりますが、適したものが見つかれば子供の成長の後押しをしてくれることは間違いないと思っています。

その適したものを見つける手助けをするのが親の役目なんじゃないかと思っております。

でも正解がないものだからなかなか難しいことだと思いますけど…

もし子供が興味を示さず合わないと感じたら、それを続けることは子供にとって負担でしかないのでやめることを検討しようと思います。

まずは子供の表情を見て楽しんでいるかどうかをよく見ることが大切じゃないかと思っています。

簡単にできる漢方薬の効果的な飲み方!

医師から処方された薬は、調剤薬局でその飲み方について薬剤師から説明があると思います。

しかしドラッグストアなどで購入した薬(OTC医薬品)で薬剤師の説明がつくのは第1類医薬品と要指導医薬品だけで、その他(第2類医薬品、第3類医薬品)は説明がつきません。

漢方薬は後者の第2類医薬品、第3類医薬品にあたるため詳しい使い方、注意点について見逃されがちです。

ましてや薬剤師でなくても売ることができてしまうので、漢方薬は軽視されているのではないかと思ってしまいます。

そのため薬の重複投与による相互作用や副作用、また効果的な飲み方についてはあまり知られていないと感じることが多くあります。

今回は漢方薬の飲み方について話をしたいと思います。

 

f:id:n-chama:20170621002613j:plain
スペインカンゾウ

 

まずは飲むタイミングについてです。

薬って一般的に食後に飲むものが多くて、漢方薬についてもついつい食後に飲んでしまいがちです。

しかし漢方薬は空腹時(食間)に飲むことが基本です。

食前とも書いてあることがありますが、個人的には空腹時をお勧めします。

何故かというと

漢方薬は構成生薬とその量が決まっており「巧妙に計算された一つのパッケージ」として効くからです。

例えば桂枝湯の生薬構成と比率は

「桂皮4、芍薬4、生姜0.5、大棗4、甘草2」

となり、虚証の風邪の初期などに用います。

これに芍薬を1.5倍量の6にすることで桂枝加芍薬となり、過敏性腸症候群、しぶり腹などの適応に大変身してしまうのです。たったこれだけで。

要は飲んだ薬がご飯と一緒になってしまえば、計算された処方の意味がなくなってしまうということなのです。

なので空腹時こそが漢方薬の効能を発揮するための最低条件となります。

 

肝心な飲み方についてですが、

暖かいお湯に溶かしてから飲むことが基本です!

成分が溶け込んだインスタントコーヒーだと思って下さい。

その意味は煎じ薬の状態に戻して飲んだ方が本来の効果を発揮することができるから。

あと香りや味を感じることで気持ち的に効いた気がする(プラシーボ的な)効果もあるんじゃないかと考えております。

 

漢方薬の名前について

漢方薬の名前の末尾には「湯」「散」「丸」とありますが、その意味は

  • 湯:煎じ薬のこと。要はお茶のように生薬をお湯で抽出して飲むもの。
    煎じ薬を出す薬局は少なく、一般的にはエキス剤といった顆粒剤として製剤化されたものが殆どです。
  • 散:生薬をすりつぶして粉末にし、分量に従い混合したもの。
  • 丸:散剤をはちみつなどを絡めて丸く形成したもの。

となっています。

とはいえ現代ではほとんどが飲みやすいエキス剤となっているため、顆粒剤、錠剤の形で製剤化されていると思います。

基本的には顆粒剤はお湯に溶かす。錠剤になっていれば無理に溶かさずに通常水と一緒に飲めばいいかと思います。できれば錠剤も溶かした方がいいと思うんですが…

これから漢方薬を飲んでみるときがあったら、「空腹時」「お湯に溶かす」を試してみてはいかがでしょうか。今までよりも効くようになるかもしれませんよ。

 

 

ギターを始めたきっかけと、HR/HMにはまったきっかけ

ギターを弾いている方、ギターを弾いていた方。

ギターを始めるきっかけって、みなさんどんなんだったでしょうか?

好きなバンドがあったから自分も弾いてみたかった。とか
弾き語りをしてみたいとか、友達や先輩に誘われて始めたとか、

いろいろきっかけがあるかと思います。

 

自分の場合はちょっと変わっていてます。

大学生活が始まったばかりの時に友達があんまりいなくって、暇なのでゲームばっかりの生活をしていました。

大学1年の初めてのゴールデンウイークの時に実家に帰省した時の事。

暇つぶしの為にビデオデッキを買おうと、とある中古屋に行きました。

店内に入るや否や、目当てのビデオデッキを探し始めました。

店内にはいろいろなものが置いてあってその中でちょっと気になるものがありました。

黒い中古のエレキギターでした。

何となく暇つぶしに使えるかなーと思い、1万円だったので何となく購入。
目的のビデオデッキと一緒に。

当時はBOØWYCOMPLEXや尾崎豊が好きだったので、とりあえずその辺の練習から始め、少しづづギターに興味を持つようになってきました。

そのうちギター雑誌を買うようになり、その中で超絶ギタリストとして紹介されていたスティーヴ・ヴァイの存在知りました。

超絶ってどんなんだろ~と思い早速CDを買い聴いてみることにしました。

 

そしたら全てが吹っ飛んでしまった(・∀・)

 

まさに衝撃ってやつですか。今まで好きだった音楽が全て吹っ飛んでしまったんです!

凄い、凄すぎる。でもこんなギターを弾けるようになってみたいと純粋に思いました。

そしてギターの基礎もできていないままHR/HMの世界に浸っていくことに。
これはその後の人生を変える大事件だったんです。

 

その時のCDが

スティーヴ・ヴァイの「Passion and Warfare」

Passion and Warfare

とにかく凄いの一言!
今聴いても凄いと思う。

スティーヴの個性は強烈過ぎて、似ているギタリストは全くいないと思います。
インギーなんかはフォロワーが沢山でてきて似ている人はいっぱいいると思うのですが、彼のフォロワーなんて聞いたことがない。
癖の強さは誰にもまねできないってことなのでしょう。

自分もコピーしようと何度もチャレンジしたのですが、どうやっても再現不可能でした。というかそのうちコピーする気がなくなります(笑)

彼のプレイスタイルの特徴は

・フィンガーボードを縦横無尽に行きかうスライドを多用するフィンガリング。
・効果的に用いるちょっと変わったスウィープピッキング
・難解なコード進行と物理的に無理なストレッチフォーム。
・独特な響きのタッピング。

といったところでしょうか。

曲も先が読めない展開が多いのでスリリングで聴いていて面白い。
変態ギタリストの代表としてギターを弾いているすべての人に強くお勧めしたいと思っています。

漢方薬って本当に効くの?漢方の基本的なお話し

漢方薬って本当に効くの?」

漢方薬って本当に効くの?」
「効いているかよくわからないので胡散臭い」とか

よくこんなことをきかれることがある。 

f:id:n-chama:20170618084512j:plain
東京薬用植物園の標本館より

 

確かに漢方薬病名ではなく症状「主訴」を総合的に緩和及び軽減することが目標となっているため、緩和、軽減では効果が分かりにくいと感じてしまっても仕方ないことだと思います。

それに対し西洋薬は(この病気にはこの薬みたいな)病気の特定の症状だけを改善するため、よく効いたように感じると思います。

しかし病気は心身のバランスが崩れて起きると考えられていることから、ピンポイントの症状の改善は真の治療と言えないと考えています。

例えば頭痛に鎮痛薬を飲んでも、一時的に痛みを抑えているだけであって、薬が切れればまだ痛かったみたいな

それに対し漢方薬は体を総合的に見て心身のバランスを調整することで、自らが持つ自然治癒力を高めることで病気を治療する考え方です。

そのため治療効果が緩やかに発揮されることから、効果が分かりにくいとか効かないと思われてしまっています。

また漢方薬は同じ症状でもその人の体格、体質によって選択する処方が異なってくるのも難しい点です。

陰陽虚実、気血水という基本概念がありますが、これは本人はもちろんのこと医師や薬剤師だってまともに判断できていないのが現状です。

そんな中で薬を処方されても期待する効果を得ることはなかなか難しいことじゃないかと思っています。

世の中セルフメディケーションを推進していますが、個人個人が薬を使いこなせない様では政策としていかがなものかと思います。

こんな使い方が難しい漢方薬。果たして普及していくのか?

少し心配なところがありますが、

多くの人が漢方薬を理解して適切に扱っていけばとっても有効な治療になり、また健康増進にもつながることは間違いないと感じています。

とはいえ現代医学に頼らなくてはいけない病気は沢山あります。

「そのまま放置すると死に至るが治す方法がある」といった感じの病気ですかね

代表としてはガンがあげられますが、こればっかりは抗がん剤が必要だし外科手術も必要なケースも多いです。
漢方薬抗がん剤の副作用の緩和としてサポート的によく使われます。

逆に「死ぬことはないが不調で生活の質が悪い」

このようなケースは漢方の得意分野になります。

たとえば、

不定愁訴など原因がはっきりしない身体の不調の改善
・高齢者など副作用が出やすい人にも使える
・症状だけでなく体質改善が期待できる(慢性的な症状の改善)
・多くの症状を抱えている人の減薬対応
・自律神経の調整、依存性が殆どない

 などがあげられます。

主に不定愁訴では大きな効果が期待できると思います。

漢方は副作用は無いと思われていますが、薬なのでやはりあります。
頻度は少ないですが、中には重篤なものがあったりするので注意が必要です。

このようなデメリットもありますので、西洋薬と漢方薬の両方をうまく併用していくことがQOL向上につながると思います。

そんなQOL向上を目指していければと思い、このブログでは私の漢方の体験談や治療のすすめなどを書いていきたいと思っております。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

べえちゃんの変な寝顔に笑ってしまった

べえちゃんが面白い顔して寝ていたので思わずパシャリ。

f:id:n-chama:20170617143218j:plain

犬とは思えない表情についつい笑ってしまいました(^^)

犬ってこんな寝かたするんだっけ?

べえちゃんは面白い表情をいっぱいしてくれるので一緒にいるだけで楽しいです。

この顔をみるとついついイジりたくなってしまうしね。

可愛いのはいいのですがイビキがとてもうるさいです(・∀・)

普通に成人と同じくらいのボリュームでブヒブヒいってるし、

夜寝るときは一緒に布団に入ってきたりするんだけど、そのイビキのせいで眠れないこともよくありました(笑)

でも慣れてくるとあまり気にならなくなってくるけどね。

パグは見ているだけでとっても心が癒される。

私の実家では犬を1匹飼っております。

パグのくろべえです。普段はべえちゃんとかべえ公と呼んでいます。

もともと自分がパグを飼いたいと思って飼い始めたのですが、自分は結婚して家を離れてしまったので今では両親が面倒を見ています。

f:id:n-chama:20170616221750j:plain

パグの性格は優しくおとなしく、でもとっても頑固で甘えん坊といったところか、
吠えることがほとんどないので、うるさいのが嫌いな人には向いていると思います。

難点は暑さに弱い、毛が結構抜ける、病気にかかりやすいなどがあげられますが、比較的飼いやすい犬種だと思います。

パグの特徴は何といっても表情ですね(^-^)

いつも困っている顔してるけど意外と表情豊かで見ていてとっても癒されます。

いつも誰かに体を密着させていないと落ち着かないみたいで、そんなところがとっても甘えん坊で可愛いと思っております。

このブログではちょっとづつですがべえちゃんの面白い表情を乗せていきたいと思ってます。

鼻ぺちゃべえちゃんのことよろしくお願いします。