どくだみ夫人のあっちへおゆき

家庭のこと、健康のことや音楽のことをいろいろ書いていきます

HR史上最高のコンセプトアルバム 「Ⅲ sides to every story」:extreme

1992年に発売されたエクストリームの3rdアルバム。

III Sides to Every Story (Jewel Box)


エクストリームといえばPornograffittiが代表作であるが、自分はこちらの方が好きである。Pornograffittiは間違いなく最高傑作であり、すべてにおいて完成された作品であると思う。ギター好きにはたまらない作品であるが、逆にギターが強すぎてアルバム通して聴いていると疲れてしまう。   

 iii sidesはアルバム全体が一つの曲のようになっていて、ギターも楽曲を引き立てることに徹している。音作りも工夫がされていて聴いていて飽きない。 ギタープレイに注目されがちなヌーノであるが、このような素晴らしい楽曲をプロデュースできるなんて凄い才能の持ち主なんだなと思う。

もちろんヌーノらしいギタープレイも沢山ちりばめられており、ギター好きにも満足できるはずである。WarheadsのソロやCupid's Deadのリフなんかは当時みんなこぞってコピーしてたんじゃないかな。

自分はこのアルバムを25年間聴き続けているが、これって凄いことだと思う。何百枚とCDを買ったり聴いたりしてきたけど、こんなに長く聴いているのはこの1枚だけ。

ドライブや旅行、勉強や運動しながら、どんな時だってこのCDがあればハッピーな気分になれたし、聴きたい音楽がないときなんかは、これを選んでおけばまず間違いなかった。自分の人生にはいつもこの音楽が流れていた。

こんな「生涯の1枚」に出合えたことは幸運であってとても幸せなことだと思っている。

世間ではこのアルバムの評価はあまり高くないが、この作風が好きな人もいるハズである。好きというか自分の場合はなじむという感じですが。要は通好みな作品なんじゃないかな。

音楽を好きになるかならないかって本当にわからないもので。昔買ってほとんど聞いていなかったCDでも、急に引っ張り出して聴いてみるとカッコイイじゃんなんてこともよくあることだし。聴きこむほど魅力がでてくるものも沢山あるし。 

こんな古いCDだが、いま聴いてもまったく色あせない魅力があるので若い人達にも是非聴いてもらいたいものである。