んーちゃまのちょっといい話

家庭のこと、健康のことや音楽のことなど、なんでも書いていきます。

いきものがかりは1st「桜咲く街物語」が一番良い!

自分はハードロックやヘビメタのようなギターが効いた音楽を好んで聴くのだが、それと同じくらい女性VoのJ-POPをよく聴きます。

その中で今回は超有名どころですが「いきものががり」を取り上げたいと思います。

いきものがかりを知ったのは10年くらい前か、メジャーデビューアルバムの桜咲く街物語が話題になっていたから。

桜咲く街物語

早速聴いてみたところ、まずアルバムを通して全体的な完成度の高さに驚いた。1作目にしてこの完成度。ただものではないと思ったものである。

懐かしさ持った楽曲と声、でも現代の新しさも持ち合わせているという感じか。

かなり昔ですが、東京少年というグループがあってそれに似た雰囲気をもっていてとても好感をもった覚えがあります。東京少年の現代リメイク版といった感じで直ぐに好きになりました。

いきものががりの特徴はやっぱりVo吉岡の思い切りのいい少年のような歌声ですね。
歌には美しさや繊細さ表現力さ丁寧さなどが必要とされるがそんなものどうでもいい、それを無視してでもこの思い切った声は聴いていて気持ちいい!

楽曲もグループに2人のソングライターがいて、それぞれ個性が異なるものと作り出しているのも面白い。一回聴けばどちらが作曲したのははっきりわかるくらい個性があり、それが1つのアルバムに違和感なくまとまっている。
これは吉岡のVoが全ての曲で同じ声質で歌っているおかげであり、それがいきものががりそのものだと思っている。

 

それに対し2nd以降の作品はあまり好きになれない。

2nd以降の楽曲は世間に受け入れたいがために作っている感がアリアリで、だれでも作れるような普通のポップスになってしまったのが残念でならない。

Voも可愛い歌い方や大人っぽい歌い方、バカっぽい歌い方とかいろいろ使い分けているが、そんなものはいらない。ものまねじゃないんだからストレートなその人の声が聴きたいと思っている。
コイスルオトメ」を可愛い声にしたり「ひなげし」を大人っぽい声にしたら台無しですもんね。

やっぱりその人そのもののストレートな声が聴きたいんです。

確かにいい曲はありますよ。
それがいいと思っている人は沢山いるのはわかっている。
でも自分には響かない。
ただそれだけのことです。

自分はどのバンド、グループにおいても、デビューアルバムが放つ初々しさ、自分らしさを思いっきりだしている作風がすきです。

音楽とかグループのスタイルなんて完成されてなくってもいいじゃないですか。
未完成の方が聴いていて楽しいですしね。

ということで、いきものががりのCDは「桜咲く街物語」しか聞いていない。

今さらながらですがこの1Stを超おすすめしたいと思います。

 

結局いきものががりは商業的には成功を収めたわけですが、一部の人たちの期待に応えることはできなかったと思うんです。

 

音楽の世界ってプロダクションの関係で自分の思ったような作風にできないこともよくあるみたいですが、それに流されずに自分のスタイルを貫いている人たちは本当にカッコイイんだなあと思ったりしています。