どくだみ夫人のあっちへおゆき

家庭のこと、健康のことや音楽のことをいろいろ書いていきます

痩せていた頃のイングウェイは今でもカッコイイと思う。

イングウェイのギターは美しく華麗であった。

 

初めて知ったのは1994年くらいか、セブンスサインが発売されたころ。

1曲目のneverDieを聴いた瞬間に「超カッコイイ!」と思い、あっという間にそのギタープレイの虜になってしまった。

こんな速いギターは今まで聴いたことなかったし、クラシックとロックを融合させた音楽は何よりも斬新であった。

すぐさまCDを全て集めてひたすら聴きまくったのを覚えています。

イングウェイは初期が一番良かったという意見が多いですが、自分は中期の頃が好きで今でもよく聴きます。特にエクリプスが一番のお気に入り!

ECLIPSE

このころのサウンドは歪みを抑えた美しい音色が特徴。ストラトキャスターの良さをよく引き出していたと思う。(後期のサウンドは荒々しく汚い音なのであまり好きになれませんでした)

Save Our Loveのメロディックな泣きのソロ、Motherless Childのフルピッキングのキメフレーズ、Demon Driverのスウィープなど聴きどころが満載!

中でもEclipseのイントロはあまりにも華麗で、こんな美しいフレーズがギターで弾けるなんて、ものすごく衝撃を受けました。

ライブパフォーマンスもカッコよく、今見ても惚れ惚れしてしまいます。


Yngwie Malmsteen - Rising Force
ライブインレニングラードから。ビデオテープが擦り切れるほど?よく見てました。

しかし、今では彼は(結構前からですが)すごく太ってしまい、高速のブタと呼ばれているらしいです(苦笑)
見た目は大事です。太っていては好きになれません(-_-)
やっぱりギタリストはスリムの方が断然カッコイイです。

しかし、我々音楽仲間では「様式美3デブ」のリーダーと言っています(・∀・)

リーダー:イングウェイ
メンバー:ティモトルキ、マイケルロメオ

彼らはデブでもいいギター弾くんですよね(笑)

「様式美を極めたいのならばまず太ること」

これは大事です。

 

冗談はさておき、イングウェイは好きな人も多いけど、アンチも同じくらいいっぱいいます。

自分も周りでも好きな人はあまりいませんでしたし。

たぶん

イングウェイ=速弾き=テクニックだけ=ダサい

こんな風潮があったと思うんです。

確かに彼は速弾きの立役者であることは間違いない。
だから、その速弾きばっかり注目されてしまったので肝心な音楽をちゃんと聴いてもらえなかったんじゃないかと思う。

ギターミュージックの先入観を捨てればいい曲が沢山見つかると思うんです。

まあ他にも、歌詞がダサい、ジャケがダサいなどの欠点もあるけどね。

現在では彼より上手いギタリストなんて山ほどいると思うけど、彼のように歴史に名を刻めるようなギターヒーローはいないんじゃないかと思うんです。

イングウェイの登場はそれほど衝撃的だったということなんでしょう。

 

音楽って昔のものでもいいものはたくさんある。最新の音楽を探し求めるのもいいことだけど、昔の音楽を探すのもなかなか楽しいものである。

色あせない魅力がある作品もいっぱいありますしね。