んーちゃまのちょっといい話

家庭のこと、健康のことや音楽のことなど、なんでも書いていきます。

空手の大会の結果。そして空手の世界って結構厳しいかも…

日曜日に子供の空手の大会がありました。

次男は体調を崩してしまい、残念ながら今回は不参加となってしまったので長男だけの参加になりました。

 

はじめに大会の結果から言っちゃいます!

型の部門で銅賞を取りましたー\(^o^)/

(型とは空手の演武みたいなものです)

 

空手を始めて1年。

初めての賞状とメダルの獲得です!

f:id:n-chama:20171030223117p:plain

たくさん選手がいた中で選ばれたことは立派。

日々の稽古を頑張ってきた結果だね。

頑張りました!

 

組手(闘いのことです)の方は残念ながら負けてしまいました。

敗者復活戦もありましたが、それも負けてしまって…

 

空手とはやっぱり格闘技。

力があると有利なのですが、

それよりも気持ちが強いものが勝つものなんだなと感じました。

組手が強い子は、まず親が教育熱心?というか家庭そのものが体育会系なんですねー。

とにかく熱い!応援が凄くて、みんな叫んで応援しているし…

うちではそこまではできないなーって感じてしまいます(^-^;

 

そして、子供も

「相手を絶対に倒してやる!」

って強い気持ちを持っているものがやっぱり強いのです。

 

うちの子は(特に長男)はとにかく優しいいい子ちゃんなので(笑)

組手となるとどうしても気持ちで負けてしまうのです。

勝ちたい!とか、相手をやっつけたいとか、そういう気持ちになっていないんだと思うんです。

習ってきたことを実践に移しているだけのような感じで、まだまだなんだなと感じてしまいました。(戦い方がまだ分かっていない感じでしたね)

経験が浅いので仕方ないところはあるんだけど、やればできるのだからもう少し頑張ってもらいたいって思っちゃうのです。

一方的にやられているのを見るのは親としては辛いので(:_;)

まあ、その子の性格もあるので無理強いは出来ないのですが。

でもできるだけのことはしてあげたいと思って、こんなものを買ってしまいました。

 

f:id:n-chama:20171030230119j:plain

キックミットです。

こんなのでちょっとでも家で特訓ができればと思っております。

 

体力作りで始めた空手。

でも大会となれば勝負の世界なんです。

そのなかで子どもたちがどこまで頑張れるか、しっかりと見極めていかなければなりません。

誰だって向き不向き、得意不得意はある。

子供がやる気を持ち続けているのであれば、親としてとことん付き合ってやらなきゃなーと感じております。