んーちゃまのちょっといい話

家庭のこと、健康のことや音楽のことなど、なんでも書いていきます。

魔法少女まどかマギカを観た。今さらですが…

魔法少女まどかマギカ

 

知らない人って結構いると思います。

自分もアニメファンではないのできっかけが無い限り知ることはなかった。

 

これを知ったのは3年くらい前。

仮面ライダー鎧武と同じ脚本家の作品だったということから。

 

鎧武ってすっごい暗い作風の仮面ライダーでちょっと衝撃的だったのを覚えています。

裏切り、略奪、仲間割れ…。 そしてたくさんの人が死んでいく展開には、

うーん。子供にはあまり見せられないなーと思ったものでした。

大人視点ではなかなか面白い作品でしたけどね。

 

その脚本家は虚淵玄という方で、この人の脚本はダークなものが多いみたいです。

過去の作品を調べてみたところ「魔法少女まどかマギカ」というアニメが有名らしいということでちょっと観てみようかと思っていたのです。

 

しかし、これ…

作画が萌え萌えなんですー。

「まどかマギカ」の画像検索結果

こんな感じ。ちょっと躊躇してしまいます。

 

なのでなかなかレンタルする勇気がなくてしばらく観ないままでいたのです。

 

でもここ最近パチンコやスロットでこの「魔法少女まどかマギカ」が題材にされているみたいなので、それでちょっと思い出したってことと、

最近アマゾンプライムの会員になったので、無料動画(プライムビデオ)が観れるようになったこともあって、今回思い切って「魔法少女まどかマギカ」を見てみることにしたのです。

 

初めに感想を書いてしまいますが、

すごくよかったです。感動しました!

40にもなるオヤジですが不覚にもホロリとしてしまいました。

 

この作品、見た目と内容のギャップが凄いです。

こんなポップな作画ですが、内容は完全に大人向けな作品です。

人をだましたり、人を恨んだり、残虐なシーンありと容赦なく鬱な世界に引き込まれてしまいます。

その絶望の中で繰り広げられる愛や友情の描写がとても美しいのです。

話もテンポよく進み、先が読めない展開に目が離せなくなります。

結局自分は12話 (約5時間!)一気に見てしまいましたー(・∀・)

 

また異世界空間やクリーチャーのデザインは独特の世界を演出していて、一つのアートを見ているようでした。

カメラアングルもカッコよくセンスの良さが感じられます。

アニメの一つの完成形を見た!

そんな感想です。

 

あまりにも良かったので嫁にも薦めてみましたが、案の定

 

「見た目で受け付けないからみません」

 

とのこと

 

確かに。そうだよね。

俺も初めはそうだった。

 

でも萌えシーンはほぼ無くて、あってもオープニングくらいです。

 

この作品、見た目で損してるよなー。

でもあえてそうしているのもうなずける。

そのギャップが受けているのも事実だから。

シリアスなキャラだったらもっともっと暗い作品になっていたと思うからね。

 

というわけで観るか観ないかはその人次第だけど、観てみて損はしない作品だと思います。間違いなく裏切られますよ。いい意味で。

 

あ、そうそう、

逆に見た目が可愛いからって、間違っても小さな子供にはみせてはいけません(笑)

プリキュアとかそんな生やさしい話ではないので。

トラウマになること間違いないです(;・∀・)

 

 

今もまだ余韻にひたっております。

映画やアニメを結構観ていますが、こんな余韻に浸れる作品はなかなか無いものです。

自分の知る限りではグラン・トリノ以来か。

グラン・トリノを観た後の何ともすがすがしい余韻もよかったですねー。