どくだみ夫人のあっちへおゆき

家庭のこと、健康のことや音楽のことをいろいろ書いていきます

go!go!7188は最も好きな3ピースバンド。

go!go!7188は最も好きな3ピースバンドである。

go!go!7188はクセが強いので好みが分かれるところだが、それは個性をしっかり持っているってことで、好きな人にはたまらない魅力を持っているバンドと言えます。

作りこまれた音楽というよりもライブ感を大切にしている感じで、シンプルな音作りは3ピースの良さをよく引きだしていると思う。

シンプルでありながらエネルギッシュ。
難しいフレーズもさらりとこなす演奏力も持ち合わせていて、ホントに凄いな~と感心するばかり。

たくさんCDを出しているけど一番のお気に入りはデビューアルバムの「蛇足歩行」かな~。

蛇足歩行

デビューした当時はガールズバンド(Drは♂だが)ということで、あまり期待はしていなかった。

しかし聴いていると新人離れした堂々した内容になかなかいいじゃんと思ったものである。

でも本当にこの子たちが演奏しているの~?と疑ってしまったりしてました。
(結構こんなふうに思った人はいるんじゃないかなー)


しかしライブを見てみると、難しいバッキングを弾きながらう歌っているVoのユウの姿を見て衝撃を受けた。

すげーカッコイイじゃん!
俺よりギターうまいかも…

なんて思い直ぐにファンになってしまいました。

2作目以降はどんどんクセが強い和風ロックに傾向していく訳だが、これはこれですごく好き。

でもやっぱり1stのストレートなロックが一番かっこいいと思っている。

 


GO GO 7188 こいのうた

このCDの中で一際輝く曲「こいのうた」
何度聴いても感動します(;_;)

 

音楽の中には特別に感じる曲がいくつかある。

例えば

尾崎豊のI Love You
extremeのMore Than Words
Norah JonesのDon't Know Why とか


これらの曲は音楽の神様から魔法がかけられた特別な存在じゃないかと思うんです。
(よくわからない表現ですんません)

go!go!7188の「こいのうた」もその一つで、この曲から放たれる輝きははまさに魔法がかかっているって感じがしてならない。

J-POPの歴史に残る名曲として世代を超えてこれからも多くの人に聴かれて行くものだと思う。

go!go!7188を超える3ピースバンドはなかなか出てこないんじゃかいかと思っている。