んーちゃまのちょっといい話

家庭のこと、健康のことや音楽のことなど、なんでも書いていきます。

タバコをやめる簡単な方法2つを紹介!

全国の喫煙率について厚生労働省が調査を行った結果、群馬県が全国トップになったそうです。

 

我が県がこんな不名誉な記録を残してしまったことにとても残念に感じています。

20歳以上の男性においては37%もの人がタバコを吸っているそうで、この数字には正直びっくりしました。

 

3人に1人ですよ!

多すぎます。

 

他県に比べると群馬は分煙化が明らかに遅れている。

公共施設や飲食店など、まだまだ対応できていないところはたくさんあります。

 

うちの会社をみてもタバコを吸う人は多い。

若い人から年寄りまで幅広く、女性も吸う人が結構いる感じです。

特に幹部においては8割方吸っているのではないでしょうか。

うちは薬を扱う企業なので人一倍健康を意識しなければいけないのですが、

これでは会社の品格が疑われるレベル。

会社の存続が危ぶまれます。

 

タバコを吸う人がどうなってしまおうが私の知ったこっちゃないですが企業のイメージを下げないで欲しいと日々感じております。

 

タバコは体に良くないのは誰もが知ってます。

なのでタバコを止めることをおすすめします。

当たり前のことですが、

 

禁煙することは難しいことは分かっています。

自分も以前吸っていたので。(20年も前のことですが)

その時に行った禁煙の方法についていくつか紹介したいと思います。

 

1つ目は、

タバコを嫌いになることです。

 

タバコを習慣的に吸っていると風邪をひきやすくなったり、体力が落ちたりしてしまいます。でもそれに気づかないんです。いつも吸ってると。
なので体調を崩してしまったらなんでもかんでもタバコのせいにしてしまいましょう(笑)

そうすれば、だんだんとタバコが嫌になってくることでしょう。

 

それか、また違ったアプローチで。

1日に何十本もタバコを吸いまくり具合を悪くしてしまいましょう。

そうすればタバコを見るのも嫌になります。

自分はこの方法で直ぐにやめることができました。

荒治療なので、これをやった時は1か月くらい喉の調子が悪く、何回も風邪をひいてしまいました。

これにはホントにタバコが嫌いになりましたねー(+_+)

 

2つ目は、

スポーツ(運動)を始める。

 

禁煙活動の中に運動を取り入れます。

タバコを吸っているときは本当に力が出ません。

息が上がってしまい、直ぐに気持ち悪くなってしまい運動が長続きしません。

 

ここで諦めないで運動を続けること!

 

タバコを吸わなかった時はいつもより調子が良くなっていることが分かるはずです。

吸わなかった時のパフォーマンスの向上、というか調子のいい感じがだんだん気持ち良くなってきます。

この感覚を味わうことが出来ればしめたものです。

タバコ無しの時の快感を覚えたらもう後には戻れません!

私はこの禁煙方法を行うことでジムに通うようになり、健康志向に目覚めることが出来ました。

 

以上、2つの禁煙の方法をあげましたが、

こんなことは分かってるよーって言われそうな気がします(汗)

でも実際私はこれだけで禁煙できたのです。

禁煙にはたくさんの方法がありますが、いろいろ試しても仕方ない。

いたってシンプルに、これだけでいいのです。

 

最近身近に禁煙を成功させた方がいました。

その人はよく体調を崩す方で、会社を休むこともしばしば。

周りに迷惑をかけていることを気にかけて、本格的に禁煙を始めたのです。

今まではやめる動機が明確でなかったので禁煙に失敗し続きてきたのですが、今回は見事に成功したのです。

やはり「周りに迷惑をかけている」ということに気付いたからなのです。

体調管理は社会人の基本。ましてや受動喫煙させるなどもってのほか。

自分の健康だけでなく周りの健康まで意識できるようにならなくてはなりません。

 

特に家庭を持っている方は、家族のために禁煙することがとても大切なんだと考えます。

みんなが健康でいられることが、一番の幸せなんだと思いますので。

 

今回はちょっと真面目な記事になってしまいました(^-^;

単純に私が言いたいことは、タバコを止めたら新しい世界が広がったってこと。

運動して、気持ちいい汗をかいて、美味しいもの食う!

これって最高♪

健康万歳です(^^)/